典型的なパターン

毎年のように『三ヶ月予報』と同時に、『寒候期予報』が今日発表された。
エルニーニョ現象や、北半球中緯度層厚換算温度が正編差の持続傾向を示している点や、近年の気温上昇トレンドを考えるとやはり今年も暖冬の傾向らしい。

ちなみに『北半球中緯度層厚換算温度』とは、850hPaと300hPaの高度差を温度に換算した量であり、対流圏の平均温度に相当し、この層厚換算温度と日本の気温には正の相関関係があるらしい。
今回初めてこの用語を知った。


以下、全般寒候期予報開設資料からの引用

数値予報資料からは、エルニーニョ現象の影響を受け、日本付近で500hPa高度が高く、
850hPa気温も高いため、全国的に高温傾向が予測される。北極付近の寒気の南下は、アンサ
ンブル平均では平年程度に予測されているが、アンサンブルメンバー間のばらつきが大きく、
不確定性が大きいことから、北日本を中心に寒気南下の影響を考慮した。近年の天候の傾向
と対流圏の平均気温(北半球中緯度層厚換算温度)からは東日本以西で高温傾向が考えられ
る。これらのことを総合し、北日本では「低い」確率30%、「平年並」30%、「高い」40%、東・
西日本では「高い」確率50%、沖縄・奄美では「高い」確率60%と予報した。
数値予報資料から、冬平均では北日本中心の冬型の気圧配置が予測され、東日本以西では
季節風は平年より弱く、東・西日本太平洋側や沖縄・奄美では平年に比べ低気圧の影響を受
けやすい。
日本海側の降雪量は、数値予報資料を基に、近年の傾向や気温との整合を勘案し、北日本
では「平年並」と「少ない」の確率がともに40%、東・西日本では「少ない」確率50%と予報
した。
降水量は、数値予報資料で東・西日本太平洋側と沖縄・奄美で多雨傾向が出ていること、
想定する循環場を考慮し、東・西日本太平洋側と沖縄・奄美で「平年並」と「多い」確率と
もに40%と予報した。
なお、冬の天候に影響を与える北極振動の動向については現時点では明瞭でない。北極振
動の寒気放出期となった場合には寒気の影響を受ける可能性もある。今後も北極振動につい
ては注意深く監視し、10月22日あるいは11月25日に発表する3か月予報に反映していく。


んまあ、断定はできないが少なくとも暖冬の確率が高いってことですな。
こんな感じが毎年のパターンと化しつつある近年。もう寒冬は望めないのか…

長期予報より

解説資料の文末あたりより引用

予報3~4週目は、500hPa 高度、850hPa 気温ともに東西にのびる負偏差域が北日本にかかる。しか
し、前述の対流予想の不確定性に加え、500hPa 高度のスプレッドの大きな領域がほぼ全球的に分布して
いることから、気候値(トレンドを考慮しやや高温傾向)に近づけて考える。


つまり分からないってことですね。
平年値が1981~2010になったらとんでもないことになりそう

長い空白期間

台風上陸空白ランキング
第1位 8513 (1985/08/31) → 8719 (1987/10/17) 777日
第2位 0709 (2007/09/07) → 2009/09/14現在 738日
第3位 9918 (1999/09/24) → 0111 (2001/08/21) 697日
第4位 8310 (1983/09/28) → 8506 (1985/07/01) 642日
第5位 7306 (1973/07/25) → 7414 (1974/08/26) 397日
第6位 6309 (1963/08/09) → 6414 (1964/08/23) 380日
第7位 4707 (1947/08/07) → 4811 (1948/08/07) 366日
第8位 9719 (1997/09/16) → 9805 (1998/09/16) 365日
2009/10/24まで上陸がなければ、単独1位へ浮上


カテゴリー5空白ランキング (1951年以降、Unisys調べ)
第1位 1973/10/10 → 1975/11/19 770日
第2位 2007/08/16 → 2009/09/01現在 760日
第3位 1976/11/04 → 1978/10/23 718日
第4位 1959/12/18 → 1961/09/09 631日
2009/09/25まで、カテゴリー5までの発達がなければ、単独1位へ浮上


*気象板台風情報スレより引用


昨日ぐらいに発生したT0914も偏西風帯の南下によって日本に接近する前に東へ転向する可能性が大きくなっている。
画像


偶然なのか必然なのか謎が多い。




15℃を初めて下回る日

最近やっとこさ秋めいてきましたつくば市です。が、九州地方ではずっと夏が続いているようで、熊本市・鹿児島市などでは連日のように真夏日・あるいは猛暑日を記録しているようです。

さてさて、明日はつくばで最低気温が15℃を下回る予想が出ています。(WNI)そこで、つくば市で立秋以降初めて15℃以下となる日を1990年以降で調べてみました。
ちなみに1990年といえば日本の気候が高温ジャンプした年ともいえるので、近年の傾向としては参考になるのではないでしょうか。

ついでに名古屋市のデータも調べてみました


       館野         名古屋
09年→ 9月10日?(予想)    ?
08年→ 9月23日        9月28日
07年→ 9月29日        10月17日
06年→ 9月16日        10月9日
05年→ 9月16日        10月19日
04年→ 8月15日        10月8日
03年→ 9月21日        9月30日
02年→ 8月21日        9月24日 
01年→ 9月21日        9月22日
00年→ 9月26日        9月28日
99年→ 10月3日        10月4日
98年→ 10月3日        10月21日
97年→ 9月20日        9月29日
96年→ 9月11日        9月28日
95年→ 10月6日        9月18日 
94年→ 9月26日        10月7日
93年→ 9月21日        9月26日
92年→ 9月11日        9月27日
91年→ 9月29日        10月15日 
90年→ 9月22日        10月9日

これをみると、つくばではだいたい9月中旬から下旬にかけて観測されることが多いことが分かりますね。中には8月に観測したり、10月までにずれ込むこともありますが。近年は若干早まる傾向が見られます。
おそらくつくばでは8月でも常に最低気温が15℃を割るポテンシャルはあると思います。

名古屋はばらつきが大きく、傾向は特に見られません。近年はやや遅いことが分かります。9月下旬から10月初旬にかけて観測されることが多いようです。

もし明日15℃を下回ったら、近年の傾向としてはやや早めといった程度でしょうか。


つくば市の気温は館野で観測されており、都市化の影響はさほどないと思われます。

特徴的な気温分布

午前11時のアメダス気温分布(全国区)です。面白いことが起きているので記事にします。
画像


【東日本・北日本の特に太平洋側】
台風による東から北東寄りの風の影響で、おそらく全般的に20℃以下になっているのだと思われます。当地(つくば)でも、朝から気温がほとんど変わっておらず、むしろ下がっている地点も見受けられます。
これは、北側の高気圧の冷涼で湿った空気を、台風の風によって運ばれている影響かと思います。

【西日本】
特に、西側に山地などのあるところではフェーンが生じて30℃以上になっている地点があります。特に四国から三重県南部で顕著に見られます。
こちらでは西寄りの風が吹き、さらには台風のもたらす熱帯の空気などにより、気温の上昇が目立ちます。


*台風について
当初予想されていたコースより西側(かなり接近・あるいは上陸するコース)を通っています。原因などはこちらで議論されているのでぜひ参考に。。。
まもなくアウターバンド(前線による降水?)から当地は抜けだします。このタイミングを見計らってレポート提出へ行ってきます(^ω^)

明日は関東中心にこの台風の残しっていった暖気の影響でかなりの高温が予想されています。

2009台風11号 関東東岸へ

明日にかけて台風が関東に接近する予測が濃厚となっている。上陸する可能性は低いと考える。台風としては小規模なもので、進路的に関東は可航半円に入るため『台風!!』って感じはないかな。

進路予測
画像


高層天気図を見れば、転向点を予測できると学んだが、どのように見ればよいのか忘れてしまいました。。。毎年の傾向から、実際にはこの進路よりやや東にずれると思います。


俺としてはつまんないが、久々に台風の匂いを感じ取れる!バイトもないし。面白い映像が撮れたらUPしたいけど、PCの不具合がずっと続いていて自宅でネットに接続できない・・・


前線が刺激されて、山の南斜面で大雨の危険性and暖湿流による局地的豪雨の可能性があるとか
風に関しては、関東東岸で強く吹き荒れる可能性が高いが、それ以外はなんてこともないと思われる。

海洋-大気の相互作用

一般教養向けのこの『エルニーニョ現象を学ぶ』という本を読んでみた。完璧に理解できるものではありません。。。

結論としては、海洋-大気相互作用は密接に関連していて、…という感じだった。


やはり基礎知識をつけてから読まないとそう簡単には理解できない現象がたくさんあると痛感した。。。

画像




*明日の東京は雨が降る確率が高そうです。『せ』さんには申し訳なく思います。。。

先週の今頃はかなり涼しく予報が出ていたのに… とりあえず高温側に修正されるのが酷くて見ていられない。。。

来週こそ涼しくなるそうだが結果はいかに…


異常天候早期警戒情報とかいうわけのわからないどうでもいい情報気象庁が発表しているけど、これまた大外れなわけ。

早くも秋の気配

天候不順な8月前半だったが、後半は西日本中心に夏空が広がり例年並みの夏の陽気が続いている。東日本から北日本はオホーツク海Hによって少し涼しいところも。

そして来週は一気に涼しくなりそう。今週木曜日から金曜日にかけて日本海を低気圧が通過し、その後は気団が入れ替わる。西日本・東日本都市平野部でも最低気温が20℃割れするところもあるかも。

太陽活動が気になる今日この頃。。。

台風の進路について

さて、日本のすぐ南海上でT0909が発生しました。明日以降大雨に注意と気象庁が喚起しています。

それはさておき、台湾方面へ進んだT0908の進路が気になりました。
なんか、こんな感じの複雑な経路見たことあるなーと思いつつ調べたら…
去年のT0813の進路にそっくり!!

特に台湾付近での複雑な動きが全くといっていいほど同じではないか!!??
これは台湾の地形とかが影響しているの?台風は地形によっても進路を変え得ることはちらっとしか聞いたことがなく、メカニズムなど詳しく知らないが…

当時の天気図(高層を含め)などと照らし合わせてじっくり考えてみたいものです。でもそんな時間ないorz

以下にその類似の経路を載せておきます。


画像



画像

高層天気図に移る台風

500hPa天気図までは、周囲より高度が低く、かつ気温が高いことがよくわかる。今後の進路は、台湾の北を通って中国大陸へ進む可能性が極めて高い。

8/5 21時[AUPQ78]
画像


8/5 21時[AUPQ35]
画像



そして、今後8月の天候は北並西暑の傾向になる…のかな?
来週は日本の南海上までサブハイの勢力が及び、太平洋側では暑くなる一方、北日本付近にはトラフがやってきて傾圧差が大きくなる。海外モデルはオホーツク海高気圧の勢力が強まる予測を出しているところもあるが…

Unisys 9 Panel GFSx 500mb Hght/SL Pres Plot for East Asia
画像


新たな熱帯擾乱の発生も予測されており、不安定な天候はしばらく続きそう。

低温:並:高温=60:30:10の結果は…

今日の館野の最高気温は28.5℃、最低気温は23.3℃だった。つい4、5日前は結構涼しかったのに、最近になって蒸し暑い日々が続く。

さてさて、気象庁は8月は、沖縄地方・九州南部を除いて猛暑→冷夏に予想を切り替えたのだが、個人的にその予測が当たるかどうかは甚だ疑問に思う。当てはまるのは西日本の一部と北海道・北日本の一部なのではないだろうか。

特に、関東を中心とする東日本は、先週金曜日発表の一ヶ月予報では今週関東地方の気温の低い確率が60%もあったのに、実際は…全く逆の結果になっている。。。
さらにさらに、週間予報を見てると、毎日高温修正されていっている。。。

いったい何が原因なのか…
気象庁はどのような見解をたてたのか…

機会があれば詳しく調べてみたい。


今後は西谷傾向が続き、もうしばらくするとオホーツク海高気圧が勢力を強める予想が大きい。
最近まで異常に高かった東海上の高度、以前は解消されると発表されていたが、、、

さて、北東流の影響はどこまで出るのやら・・・??
気象庁の週間天気予報にはその考慮が全くなされていないように見えるのは自分だけ??

エルニーニョ現象発生 これからの日本の天候にどのような影響を与えるのか


久々の更新。今回はエルニーニョ現象についてまとめてみます。
まずは、エルニーニョ現象について。

ENSOとはEl Nino Southern Oscillation(エルニーニョ・南方振動)の略で、赤道太平洋の現象であるエルニーニョとそれに密接に関係する大気現象である南方振動の2つの現象を総称した呼び名である。
まず、エルニーニョ現象とは、図1に事例を示したように、ペルー沖の赤道東部太平洋の海面水温が平年に比べて2~3度以上高くなる現象のことを言う。ここで注意すべきは、海面水温自体は赤道西部太平洋の方が高いということ、エルニーニョ現象はあくまで海洋の現象ということである。

*Jacso Palaceより引用


エルニーニョ現象が発生すると、日本の天候は夏は不順がちで冷夏になりやすく、冬は暖冬になりやすいと統計的に言うことができる。
ってことで今年の夏は冷夏か?

今のところそのような傾向は見られず、さらに近年の傾向として当てはまらないことが多いような気がする。そもそも気温ベース自体上昇していることが原因の一つにあるかもしれない。
この長期の気温上昇のトレンドを考慮すれば、この夏は冷夏だったということになるのかもしれないが。。。

気象庁もエルニーニョが発生したことを考慮してか、先週の一カ月予報で北日本中心にわずかに低温傾向を示唆したが、顕著ではないが実際は高温傾向が続く見通しが強い。
北日本では顕著に表れることはなさそうだが、週間天気予報を参考にすると平年差+1~2度程度の高温状態が続きそうだ。

以下の画像は、エルニーニョ予測モデル(どのようなものかしらないが)による今後の海面水温の傾向を示している。
画像

*気象庁より引用

見てわかるとおり、冬まで持続する可能性が高いことが分かる。ちなみに各月のボックス(薄い黄色いヤツ)に入る可能性は70%とのこと。

冬まで持続したら暖冬ってことですよねorzまたか…またまたコンディションの良い状態でスキーのできる期間が短くなるのか…


ではでは次に詳しいメカニズムを見ていきましょう。といきたいところであるが、腹減った。。。
ここに簡単な説明が載っています→http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino3.html
参考にしてみてください。


書いていて、まだまだ気象学の知識が浅いと感じた。すでに夏休みだが、まだまだ本格的に気象の勉強に手がつかない。せめて一般気象学ぐらいは一通り制覇したいと考えている今日この頃。

悪天候の前兆現象

昨日は筑波山に笠雲がかかっていた。
画像


笠雲はレンズ雲とも呼ばれ、天候が悪くなる前著として知られている。
案の定今朝のつくば市は雨。そして蒸し暑い。

850hPa+18の領域が東北南部から関東東部沿岸にかかっている。
画像


正午の気温。850hPaの気温が高い宮城から福島東部にかけて気温が高い。
画像

お知らせ

ブログ移転した。こっち→http://kishoujindiary.blog46.fc2.com/

今後もどうかよろしくお願いします。まあ定期的に見ている人は少ないと思うが。。。



移転した理由として、

・日常を語る雑記と、気象ものを書くブログを別々にしたいから。

・一緒にすると不都合な面がたくさんあるから。


まあ気象のブログはこのブログを使い続けるかどうか考え中。だってMeteorological Diary なんだもん。
とりあえず落ち着いたら色々変えていく。

エンゲル係数46%


今週の出費は一万以下。何もせずに生活してればこうなるわけだ

テストはあと…5教科。集合できる気がしねえorz
落としたら数学の免許めっさきつくなる。3年で数学の単位10以上とることになったら…それでもいい。なんとしてでもやってやるぜ

えっと、明日はバイトあるから地形学の勉強を徹夜でやるはめになるのか…だってまだ手つけてないんだもん!!



今週の一枚

画像

でら田舎

エンゲル係数18%


どんだけ俺はリッチな生活をry
今週の出費は2…ウエウエッ

それより日本国憲法範囲広すぎておわんねえ
追い討ちをかけるように明日の宇宙線についてのプレゼンがテス勉を妨害する。やめろ、うわお前何をry

















今週の一枚
画像


コエー (;゚Д゚)ガクガクブルブル

サブハイ『み な ぎ っ て き た』


来週はサブハイが本気を出し始めるようだ

異常高温が続き、西日本やヒートアイランドの顕著な地域では熱帯夜も!!



でも一つ疑問が。
サブハイが強化されて梅雨前線が押し上げられ、来週は各地で雨の予報がでているのに、異常なまでの高温が予想されている。ここまで気温ベースが上がるのは、本来梅雨明けて本格的に太平洋高気圧に覆われてからのはず。
やはり気温ベースが上昇している影響?

エルニーニョの影響はどれほどなのかは分からないが、梅雨明け後高気圧に覆われたら記録的な高温になる日が続くと個人的に予想。最近ではいつものことだが・・・

画像

ナンセンス

こんなだっさい車初めて見たw 大学講内にあった。

だってwwwリアウイングスポイラーをステップワゴンにに取り付けるとかwwww腹筋がwww
こんな位置じゃ絶対にダウンフォースの効果とかないだろw

しかもタイヤから突起物がでてるしwww

画像


画像


画像


エアロパーツのおんぱれいど

実力に見合ったもの

ただいま帰筑(つくバック)無駄に金がかかった一日だった。無駄に疲れた一日だった。
インラインは買わなかった。90ミリで20000するのかあ…
この前航空機代で30000使った俺には出せない金額だったorz

今日はカスタムフェアに言ってきた。
うちのスキーサークルでは2年でチームウェアを決めることが慣例となっていて、色々見ていたところGOLDWINになりそう。決め手は安さ。
お得意先で上下あわせて50000以下になる可能性も!チームヘルメットっていうのも面白いかもw



画像


画像


ジャケットがレモンでパンツがブラックな組み合わせ。目立つだろうな…
こんなんで下手な滑りなんかできん!!