集中ゼミ、終わり

どうもです。

M2になり、就活やら公務員試験やらでてんやわんやしていました。

そして修士研究があります。

うちの大学では集中ゼミといって、修士研究の目的を定めるべくレビュー発表があります。

昨日、それが終わりました。

うーん、こんなことを言うのは同期や他の院生に対して失礼かもしれないけれど言わせてもらいます。

はっきり言って今の研究に対して自信も何もないし、うまくいく気がしないというか、こんなの研究じゃないと思ってます、はい。

まあこうなったのは全部自分の責任。環境を変えられなかった。

しかしこのくそみたいな研究を、ごみみたいな研究にできればいいと思って修論を書ければいいかなあ。

この前のゼミでは指導教員に自分の研究を全否定されました。

自分は「研究の本質」を知らずにだらだらとやってきたのだと思う。

つらいけれどこれが現実。

さて、今後はちょっとでもいいから気象の話題を継続的に書いていきたいですねー

気象が好きな気持ちは誰にも負けないと思っている。

gmtインストールメモ

-----------------------------------------------------------------------
For csh or tcsh users:
set path=(/home/shun/GMT/GMT4.5.9/bin $path)

For sh or bash users:
export PATH=/home/shun/GMT/GMT4.5.9/bin:$PATH

Note: if you installed netCDF as a shared library you may have to add
the path to this library to LD_LIBRARY_PATH or place the library in a
standard system path [see information on shared library for your OS].

For all users:
Add /home/shun/GMT/GMT4.5.9/man to MANPATH
Add /home/shun/GMT/GMT4.5.9/share/doc/gmt/html/gmt_services.html as browser bookmark
-----------------------------------------------------------------------

gdal-1.7.1.tar.gzを展開し、インストール

自信

こんばんは、ここ最近いろいろ迷走しています。

最近思うこと。

研究に自信を持てない。

研究とは?

物事をとことん追求すること。

こうこうこうゆうことが言われているが、実はそうじゃなく、こうであって、それがこうこうこうゆうところでとても重要なんだ。

研究について堂々と、自信を持って発言できる人を尊敬します。

なぜ自信が持てないか。

趣味みたいなものだから。それが決定的に違うのだろう。

もちろん修士になって、趣味とは全く違うよう位置づけようとはしています。

でも、新しい糸口が見つからない。ブレークスルーがない。

自分の努力不足です。

で、ふと思いました、研究室のこと。

せっかく研究室に所属しているのなら、その研究室の強みを活かした研究ができているか。

答え:できていない

これは大失敗の例です。

強みを活かせていない、活かしていないのなら、その研究室にいる必要ないじゃん。

さてどうするかねえ。

観測・・・

研究って何だ

こんばんは、ここ1ヶ月全く研究していません。

というのも、公務員の試験勉強や、就活といっちゃあそれまでですけど。

時間限られている中でも、1日1時間でも良いから自分の研究と向き合う時間を確保すべきですよね、ちょっと考えます。

気象情報の伝え方

こんばんは、先日研究室ゼミで指導教員からぼろくそに言われました。

今はその話はおいといてと・・・

2/6(水)に関東地方で雪が降る可能性が高い情報が出ています。

それで、某SNSを利用して独自の情報を出している方(気象予報士)がいたのですが、どうも印象良く感じなくて・・・

気象庁が気象全般情報を発表する以前に、「予想降雪量は○○センチ」とか、
「累積降雪量は○○センチ」とか言っちゃってて、いいのかなーと思った訳です。

その件について有識な予報士と思われる方々から意見があり、かなりグレーゾーンだという話をされていました。

情報の溢れる時代、非公式な情報を鵜呑みにするのはあまりヨクナイですよね。

それで、気象庁HPにこのようなデータが公開されています、時間がある時に目を通してみます。
報業務許可事業者を対象に実施した講習会等資料

てなわけで、気象情報の一般の方への伝え方について考えさせられたわけです。

地学教育・防災教育についても課題が残るところですね。

2度目の院ゼミ

こんばんは、昨日2度目の院ゼミが終わりました。

終わって何だかすごい脱力感に襲われ、こんなんでいいのかという思いが込み上げてたりします笑

っても毎回ゼミ終わった後こんな思いになるんですけどね!!

まあ、自分がこんなことやってますよと発信できたのでよかったです。

準備は十分だったとは言えませんが、やるべき課題が見えました。

就活・公務員試験勉強とやらねばいけないことがあり、今後は研究に割ける時間が限られてきそうです。

ただぐーたらやっていてもしょうがないので、できることを確保できる時間でやらなければならいでしょう。

そういえば5月の気象学会の締め切りが2/1らしいです。

いま進めている研究の発表をしたいので、こちらの準備も進めなければ・・・!

第2回院ゼミに向けて

解析も含めた発表準備のため、年末年始は研究室で過ごします。

フィードバックを得るためにはそれなりの結果を出さなきゃなあ。

前回(6月)は爆死したので、こんかいはちゃんとまとめたいですね。

新規性

只今先生と研究方針についてお話をしました。

ブレークスルーが必要です。

就活とかいろいろあるけれど、がんばろう・・・

『気象学』を専攻し、ある特定のテーマに関して研究をしているワケ

こんばんは、前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。

というのも11月後半から今に至るまで野外実験やら所謂『就職活動』やら研究室ゼミの準備であっぷあっぷしていたのもあります。

何かと余裕が欲しい今日この頃。。。

前置きはここまでにして…

ブログのタイトルの件ですが、なんだか難しいこと言ってんなコイツみたいな感じですね、はい。

何も考えずに気楽にいきたい時もありますが、たまには真剣にじっくり考えてみることも必要ですよね。

というか本日のゼミ発表を終えて色々感じたことがあるのでそれを書きとめます。といっても毎回同じようなことを薄々感じではいましたが^^;;

眠いので今度追記します…

研究の重要性・・・

先日院セミにて博士課程の方の発表を聞きました。

研究の動機付け、モチベーションが今の自分にはないのかなあと思ったり・・・

マンネリ化させないためにも、研究の重要性を考えるのは大事デスネ。

11月に入りそれなりに研究作業っぽいこと始動し始めました。

8月で1度切り上げたプログラムを見直し、ちょこちょこ修正しています。

うーむむむ、試験勉強との両立が難しい・・・

休日返上のつもりでやらなきゃまずいだろうなあ。

アメダスの配色変化

つい、本日の午後(?)あたりからアメダスの配色が変化したみたいです。

それがこちら。

画像


んんんんんん!?!?!?

初め見た時目を疑いました。

PCの色彩が壊れたのかと思いましたが・・・

こちら

地域時系列予報、アメダス(地図形式)、ウィンドプロファイラ(上空の風)、天気分布予報の配色を変更します。

いや、でも正直見にくいです。

確かな情報ではありませんが、ツイッターを見たところ極端現象を見やすくするためだとか。

白色系の色が多くてぱっとみどこの気温が高いのか低いのか、この時期だと判別しづらいですよね。

個人的願望を言えば-20℃ぐらいまで5℃刻みで配色変えて欲しいですね。はい。

というわけで久々の更新となりました。

研究・・・せねば・・・

10月最終週

もう少しで11月になります。

短期的な目標として、12月には修論の方針を定めることです。

そのためにしなくてはいけない課題はだくさんあるのですが。

今週の目標
・モデルの動かし方の勉強。

・テーマ探りのための作業

平日にいっぱいやっておきたい。

院生にもなって

先日ゼミ発表での出来事・・・

先生から叱咤されました、けっこうショックです。

しかも、かなり根本的なことを指摘されて。

はい、全くその通りです。

修論の方針はやく決めねばー!!

久々に解析

今日は久々に解析作業しました。

といっても超初歩的なこと。初期解析的な感じでしょう。

研究としてやるのならば統計的にやらなきゃいけない解析です。

次回のゼミの題材として用いる結果なので、今回は初期解析に留めておきます。

ぶっちゃけ、これが修論のメインテーマとなることはないでしょうから。

あとは論文読み。REOFの勉強を理論からきっちりやってます・・・

数学的な意味も理解しなきゃ。

画像

大陸には冬の気配

画像

10月に迷走台風ですか・・・

研究テーマ・・・

うー、、、

修論どうしよ-

モデルを動かせる目処が立っていない・・・

今度のゼミ発表のネタは決めました。

あしたは真面目に勉強しよう・・・

ポスター発表の極意(指導教員より)

<発表者>

ポスター発表は口頭と違って並列に比較検討したり重要な図表や文章を長時間提示できるメリットがあります。口頭発表との違いを考えましょう。

自分のお店を広げるわけですから、商品が良く見えるよう立ち位置を考えましょう。

指し棒など小道具を用意するのも良し。

お隣の店に侵入しないように注意。

なるべく多くの人に内容を知ってもらうためにも、特定の人と長時間の議論は避けた方がよいでしょう。

質疑が長時間になりそうだったら、別途アポイントメントを取ればよし。

日本では、一同を前に発表者が解説を始める(口頭発表もどき)スタイルをとる人が多いようですが、外国では読めば分かるように内容をしっかり書き、参加者はまず読んでそれでもわからなかったら個別に質問するスタイルが多いようです。

どちらが良い悪いというわけではないと思いますが、、



<参加者>

発表者のお店の前を占拠して、第3者と議論をするのは避けましょう。

大きな荷物を持ってポスター会場を周回することの無いように。

初対面の発表者に個別に質問するときは、まずは自己紹介を。友達を作るチャンスです。

すごく混んでるポスターは後回しにすればよし。

質疑は明確に、長引くようだったら、発表時間後に時間を取ってもらうよう依頼する。

これを機会に、参加者同士で議論がはずむのは多いに結構ですね。学会では、そのためのラウンジや懇親会が設けられています。

研究しない

ちょっと間あいちゃいましたかね

10月は研究作業をあまりせず、勉強やレビューに特化していろいろやっていますって前にも書いたっけ。

それにしてもなかなか時間を確保できない・・・

今週からようやく本格的に次回の研究室ゼミネタに着手しました。

あとはシェルの勉強とか、うつくしいプログラムを書く練習がしたいな・・・

画像

台風21号はどこへ行くのやら・・・