テーマ:気象

長期予報より

解説資料の文末あたりより引用 予報3~4週目は、500hPa 高度、850hPa 気温ともに東西にのびる負偏差域が北日本にかかる。しか し、前述の対流予想の不確定性に加え、500hPa 高度のスプレッドの大きな領域がほぼ全球的に分布して いることから、気候値(トレンドを考慮しやや高温傾向)に近づけて考える。 つまり分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブハイ『み な ぎ っ て き た』

来週はサブハイが本気を出し始めるようだ 異常高温が続き、西日本やヒートアイランドの顕著な地域では熱帯夜も!! でも一つ疑問が。 サブハイが強化されて梅雨前線が押し上げられ、来週は各地で雨の予報がでているのに、異常なまでの高温が予想されている。ここまで気温ベースが上がるのは、本来梅雨明けて本格的に太平洋高気圧に覆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

印象操作

今日は西日本各地で梅雨入りしたという発表があった。 ところで梅雨入りって何?実は明確な定義はない。 気象庁の独断と偏見で毎年発表されている恒例行事。自分の立場から言わせてもらえば、こんなあいまいで中途半端なことわざわざ日を決めて『梅雨入りしました』って発表する必要ないと思う。 おそらく一般人の感覚として、梅雨入りが発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東地方におけるオホーツク海高気圧の影響

当地のアメダス観測点(館野)ではぎりぎり北東流の影響があった様だが、今日バイトしていたときは気温は28℃ぐらいあったように思えた。アメダス観測点は、自分の居住地の南方約2~3キロ程度のところにあるのに… 館野の最高気温は25.2℃だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒冷渦 ~本格的な春の兆し~

■一言解説 天気予報で、しばしば耳にする「上空に寒気を伴った低気圧」のことを、気象学では「寒冷渦」、「寒冷低気圧」及び「切離低気圧」と呼ぶ。寒冷渦とは、冷たい空気からできており、同じ高度での気温分布を見ると、低気圧内の方が周囲よりも気温が低くなっている。上層ほど低気圧として明瞭に解析され、ジェット気流とは隔離されているため動きが遅い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MM5

先日、mixiで『気象』でコミュ検索かけたらMM5とか言う感じのコミュがあって、中身を見るとどうやら気象モデルの一種らしい。それでさっき調べてみた。 MM5 は、、共有メモリ/分散メモリ型アーキテクチャに対応した並列計算モデルです。メソスケール/地域気候の予知並びに予測シミュレーションを行うために使用されます。気候モデルで代表さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の雪

10時過ぎ、雨から雪へと変わる。 11時30分頃、うっすらと積もり初める。 13時頃、しっかりと積雪。 明後日からテストなんであまり詳しく調べません。ここのHPは参照になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想範囲内の展開となりました…

う~ん、何が原因だったのでしょうか?やはり王道コースを通らないと大雪は見込めないのでしょうか? 上は午前7時の積雪状況です。 東京大手町でも霙を観測したようですが、結局積雪を観測した地域は中北部平野以北だったようです。逆転層などができていたようですが、このような気象状況となった要因は何なのでしょうか。 それと今日の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さてさて、どう転ぶか要注目

既に西日本では降水域がかかり、平地では冷たい雨、内陸では雪が降ってるようです。この雨や雪をもたらしている低気圧が明日にかけて日本付近を通過する見込みで、17時気象庁発表によると、関東平地でも雪に関する情報が出されており、今後の実況推移が注目されます。 これは今日15時の天気図です。低気圧が黄海にあり、比較的早い速度で東進してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*冬終了のお知らせ*

今日は立春です。暦どおり春が訪れそうです。そうです。冬は終わりました。見てられない積雪状況です。 ありえない様です。一月も北日本で記録的な高温・少雪を観測しましたが2月も引き続きこの傾向が現れそうです。今日現在の各モデルを見ても、上旬はもちろん、中旬までもまともな寒気がやってきません。850hPa-6℃が東北南部か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降雪は確実、積雪は?

今日は関東各地で雪の予報となっています。気象庁発表では関東の広い範囲で積雪すると予想していますが、実際はどうでしょうか?自分なりに検討したいと思います。といきたいところですが、過去の知識とかありませんし、エマグラムの読み方とか相当温位の意味や露天温度、湿度の関係などまだ勉強していないので分かりませーんorz あと経験などが物を言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやくの寒気

暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第1号 平成20年12月25日17時20分 気象庁予報部発表 (見出し)  日本付近はこれから冬型の気圧配置が次第に強まり、北日本から北陸地方 にかけては雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みです。 暴風雪や高波、大雪に警戒が必要です。 (本文) [気圧配…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2008年12月14日

【概況】 14日は低気圧が南岸沿いを通過し、西日本から東日本太平洋側にかけて冷たい雨となった。低気圧はあまり発達しなかったため、纏まった雨量とはならなかった。また、この時北海道中心に下層寒気が残っていて(850hPa-16℃程度)これが北東気流に流される形となり、関東甲信越~東北南部の内陸部・山沿い中心に雪が降った地点もあり、積雪した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年12月5日~8日

【概況】 低気圧が発達しながら日本海を北東進し、それに伴う寒冷前線により5日は西日本・東日本を中心に短時間強雨・落雷・突風が観測された。一部で竜巻も発生。低気圧はオホーツク海に進むとともに、冬型の気圧配置となった。特に西日本で寒気の影響が強く、7日~8日朝にかけて冷え込み、大阪では12月上旬としては27年ぶりに冬日を観測。近年冬日が激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西回り寒波

来週にかけて寒気が西回りの形でやってきそうです。予想天気図を見ると里雪型のような感じになりそうです。各モデルを見ると、山陰あたりまで850hPa-6℃のラインがかかっています。予想からするとこの時期にしては強い寒気と言えそうです。『異常天候早期警戒情報』も一応一部に出ています。 初滑りまで後半月なので、個人的にはたくさん雪が降って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本各地の高層気象データ1988年以前は存在しない?

気象庁の過去の気象データ・(高層)のところで検索すると、日本の高層気象データは1988年からしかありません。。。 つくば市にある高層気象台では1944年からラジオゾンデ観測しているようですが。公開されていないだけなのでしょう。理由は分かりませんが。 まあ、筑波山の古いデータがあるのでそっちでも比較してみようかと思います。気象デー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱおかしい最近の気候

何と言うか、やはり気温が高いんですよ。この前の寒気はこの時期程度のレベルなのに、マスコミは12月下旬並の寒気だって報道しているし… 十二月下旬並なら北陸では積雪、山陰でも雪は降ります!なのに盛岡で初雪を観測するのがやっとの状況でした。そもそも地上気温ベース自体上がっているからこんな適当な表現をするのでしょうか? 確かに北海道上空…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ようやくこの時期本来の気候に

ここ数日でやっと涼しくなりました。というより、今日は今季初めて寒く感じました。今日の館野の最低気温は6.3℃で今季一番の冷え込みになりました。ですが、上旬、中旬はあまりにも気温偏差の高い状態が続いていたので、10月の平均気温の高いほうで過去10番目以内に入りそうです。 札幌での初雪は逃したようですが、各地で冬の便りが届きました。で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの天気図

今週末は久しぶりにあまり予定がなく、時間があったので天気図を描きました。今日午後16時に放送された分で、今日正午の地上天気図です。(等圧線は2hPa間隔) 低気圧が東海上に抜けて南高北低と西高東低の中間のような形となり、東日本から西日本は高気圧に覆われ一見すると晴れそうな感じですが、この付近の全部の観測地点で曇りで、赤外画像を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と無人化・廃止される気象測候所

ある方のブログを見ていたら、このことに関して書かれていたので今回このことについて考えてみました。 測候所の無人化・廃止について、個人的には断固として反対します。 その理由は、今まで何十年、場所によっては100年近く観測してきた貴重なデータが途絶えてしまうのです!一般の方々にとってはどうでもいいことに思えるかもしれませんが、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

T0813とT0815の進路

現在T0815が台湾に上陸しています。なんだか台湾で一回転しそうな感じです。           (気象庁HPより引用) 予想進路を見ると、約一週間半前に日本列島南岸をかすめたT0813と似たようなことが分かります。その時の500hPa天気図はとても似た形となっています。 しかし、ひとつだけ違う点があります。それは、日本付近に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらく寒気の入りやすい状態が続くかも?

各モデルの予想を見ますと、これから十日間の間に主に3回寒気が入りやすい形となります。いわゆる西高東低型という気圧配置です。 ただこの時期ですので、長続きもすることはなく、高気圧が南に若干偏り、低気圧が北に若干偏る西高東低と南高北低の間ぐらいの気圧配置になることが多そうです。 まず第一波は明日の夜からで、北日本限定になり西日本での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風14号発生

(気象庁HPより引用) 現在、台風13号が関東に接近している最中、今日台風14号が発生しました。この先の進路がどうなるかはこの時点で断言するのは難しいですが、本州南岸に接近する可能性があります。かなり発達しそうな感じですね 目先の台風13号はこの先静岡から千葉にかけての太平洋沿岸地域や、山地等の斜面が北東方向にある地域に大雨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

台風13号上陸??

今夜十時の気象衛星画像です。(気象庁HPより引用・一部加工)黒丸で囲った部分が台風の卵です。今後どのように発達し、どの進路を進むかは自分で分析することはできませんが、ECMWFのサイトでは下のようにかなりの勢力で日本付近にやってくる予想となっています。だいぶ先のことなので当たる確率はかなり低いと思われます。 台風がやってき…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

まだまだ暑い日が続きそうです

これは今夜0時のアメダス気温分布です。(気象庁HPより引用)まるで8月を思わせるような気温です。湿度も高いし、まだサブハイの勢力下にある感じがします。汗っかきで蒸し暑いのは嫌いなんで早く涼しくなってほしいです。8月下旬が恋しい… さて、明日は大気の状態が不安定?になるそうです。豪雨があるかもしれませんが、気温も30度近くまで上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2008年夏の天候

     (気象庁HPより引用) 今年の夏を一言で表せば、『極端』の一言に尽きるでしょう。六月は九州で大雨だった一方、九州を除く西日本では少雨(空梅雨)。七月は猛暑、後半は局地的豪雨が各地を襲い、八月は前半猛暑、後半は東日本と北日本中心に天候不順となり、気温が平年を大きく下回ることもありました。そして、記憶にも新しいですが、局地的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーパリングクラウド×2

テーパリングクラウドとは、にんじんのような先の尖った形をした積乱雲の集合体です。テーパリング(tapering)とは「だんだん細くなる」という意味で、ここ最近の気象状況のように下層に湿った空気、上層に乾いた冷たい空気が存在し、さらに上層と下層の風向きの条件がそろえば発生するそうです。場合によっては同じ場所にとどまることもあり豪雨をもたら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東海豪雨に匹敵する雨

大雨と雷及び突風に関する東海地方気象情報 第3号 平成20年8月28日23時48分 名古屋地方気象台発表 (見出し) 東海地方では、局地的に猛烈な雨となっており、愛知県内では、2000年 9月の東海豪雨に匹敵する大雨となっています。29日明け方にかけては、 局地的に雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる所があるでしょう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記録的短時間大雨情報

ここ数時間で記録的短時間大雨情報が東海地方を中心にたくさん発表されています。 愛知県記録的短時間大雨情報 第3号 平成20年8月28日22時55分 名古屋地方気象台発表  22時30分愛知県で記録的短時間大雨  一宮市付近で120ミリ以上 愛知県記録的短時間大雨情報 第4号 平成20年8月28日23時25…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more