集中ゼミ、終わり

どうもです。

M2になり、就活やら公務員試験やらでてんやわんやしていました。

そして修士研究があります。

うちの大学では集中ゼミといって、修士研究の目的を定めるべくレビュー発表があります。

昨日、それが終わりました。

うーん、こんなことを言うのは同期や他の院生に対して失礼かもしれないけれど言わせてもらいます。

はっきり言って今の研究に対して自信も何もないし、うまくいく気がしないというか、こんなの研究じゃないと思ってます、はい。

まあこうなったのは全部自分の責任。環境を変えられなかった。

しかしこのくそみたいな研究を、ごみみたいな研究にできればいいと思って修論を書ければいいかなあ。

この前のゼミでは指導教員に自分の研究を全否定されました。

自分は「研究の本質」を知らずにだらだらとやってきたのだと思う。

つらいけれどこれが現実。

さて、今後はちょっとでもいいから気象の話題を継続的に書いていきたいですねー

気象が好きな気持ちは誰にも負けないと思っている。

この記事へのコメント