ポスター発表の極意(指導教員より)

<発表者>

ポスター発表は口頭と違って並列に比較検討したり重要な図表や文章を長時間提示できるメリットがあります。口頭発表との違いを考えましょう。

自分のお店を広げるわけですから、商品が良く見えるよう立ち位置を考えましょう。

指し棒など小道具を用意するのも良し。

お隣の店に侵入しないように注意。

なるべく多くの人に内容を知ってもらうためにも、特定の人と長時間の議論は避けた方がよいでしょう。

質疑が長時間になりそうだったら、別途アポイントメントを取ればよし。

日本では、一同を前に発表者が解説を始める(口頭発表もどき)スタイルをとる人が多いようですが、外国では読めば分かるように内容をしっかり書き、参加者はまず読んでそれでもわからなかったら個別に質問するスタイルが多いようです。

どちらが良い悪いというわけではないと思いますが、、



<参加者>

発表者のお店の前を占拠して、第3者と議論をするのは避けましょう。

大きな荷物を持ってポスター会場を周回することの無いように。

初対面の発表者に個別に質問するときは、まずは自己紹介を。友達を作るチャンスです。

すごく混んでるポスターは後回しにすればよし。

質疑は明確に、長引くようだったら、発表時間後に時間を取ってもらうよう依頼する。

これを機会に、参加者同士で議論がはずむのは多いに結構ですね。学会では、そのためのラウンジや懇親会が設けられています。

この記事へのコメント