卒業研究のテーマ

どうも、月一の更新を何とか守っていきたいです。

タイトル通り、もう4年になってしまいました。

ブログを大学1年の時に開設して、最初は方向性に迷ってましたが…

軽く過去の記事を読み流してみると、やはり自分の気象学に対する興味の傾向が表れているように感じます。

で、卒業研究のテーマの話ですが、

あくまで仮ですよ、まだ4月なのであくまで理想とか妄想の領域ですが、

「メソスケール降雪系の研究」としています。さあこれが数ヵ月後にどうなることやら…

キーワードは
冬 日本海 筋状雲 寒気吹き出し JPCZ 雲微物理過程 Tモード Lモード メソ気象 降雪粒子 新潟県 レーダーデータ 

といったところでしょうか。。

冬期の日本海側の諸気象現象に対する研究はこれまで多くなされてきて、かなり明らかにされています。

そこで独自の視点から研究手法を見つけないと行き詰ります。事実、行き詰っています。。

とりあえずいっぱいレビューして手を動かしてオリジナルなテーマ・課題を探ってゆかなければならない日々が続きます。

恐らく今後は私自身の研究の紹介とか進捗状況の様子がブログ記事の大半を占めるようになるでしょう。

HPつくってみてもいいかなーと感じていたり

まあ気ままにやっていきますよ

では

この記事へのコメント