特徴的な気温分布

午前11時のアメダス気温分布(全国区)です。面白いことが起きているので記事にします。
画像


【東日本・北日本の特に太平洋側】
台風による東から北東寄りの風の影響で、おそらく全般的に20℃以下になっているのだと思われます。当地(つくば)でも、朝から気温がほとんど変わっておらず、むしろ下がっている地点も見受けられます。
これは、北側の高気圧の冷涼で湿った空気を、台風の風によって運ばれている影響かと思います。

【西日本】
特に、西側に山地などのあるところではフェーンが生じて30℃以上になっている地点があります。特に四国から三重県南部で顕著に見られます。
こちらでは西寄りの風が吹き、さらには台風のもたらす熱帯の空気などにより、気温の上昇が目立ちます。


*台風について
当初予想されていたコースより西側(かなり接近・あるいは上陸するコース)を通っています。原因などはこちらで議論されているのでぜひ参考に。。。
まもなくアウターバンド(前線による降水?)から当地は抜けだします。このタイミングを見計らってレポート提出へ行ってきます(^ω^)

明日は関東中心にこの台風の残しっていった暖気の影響でかなりの高温が予想されています。

この記事へのコメント